Scholarship student
東京の悩み相談セミナーには特待生制度があります

un-Limited School「特待生制度」

経済的にも苦しいあなたが、人生を激変させるチャンスが「特待生制度」にあります。

画像

残念なことですが、NLPセミナーだけでなく多くの自己啓発系セミナーにみられるのが「高額の受講料が払えない人は救いたくない」という意図です。

しかしながら、実際に本当に困っている方の多くは、金銭的にも困窮している場合が多く、これでは「本当に困っている人は助けられない」ということになってしまいます。

私はそんなNLP業界の現状に憤りを感じています。

実は私自身も学生のときに非常に貧乏な時代を過ごしました。
また、NLPというものに出会った後、「プラクティショナーコース」受講を決める前にも約40万円という高額な受講料を知り、非常に悩みました。

幸い私の場合は、家族の了解も得られ、「プラクティショナーコース」を受講することができたので、出版、TV出演、国内外での講演会開催など、正にその後の人生は激変しました。
現在では、日々、新しいことに挑戦しながら、夢に向かって走っている私を家族も応援してくれています。

私自身の実感としても、NLPは本当に人の人生を変える力を持っていると感じています。だからこそNLPを少しでも多くの人達に広めたいと思っています。

そこで、un-Limited Schoolでは、「本当に困っている人」をも助けるために「特待生制度」を設けました。

『特待生制度』は最大1年間、受講料全額の支払いを猶予するシステムです。

画像

認定基準

プラクティショナーコース開始前に面接を行い、この段階で金銭的にも困窮しているが「ニュートラルベースNLP」を学びたいという意欲、自分なりの夢や目標や願望、近いうちに経済的にも状況を改善しようという意志を十分に持っていらっしゃると判断された場合。

具体的な支払い方法について

1年後の支払い方法については別途ご相談に応じます。

「プラクティショナーコース」修了後は、私どもの発行する認定証に基づき、学んだことを有料で教えることができます。

対応可能な範囲であれば、有料でコーチングやカウンセリング、セラピーなどを行なっても構いませんので、そこから得た収入を使って、返済して頂くことも可能です。

実際に特待生制度を活用された方の声

現在、受講料のお支払いの猶予を頂いておりますが、その後自分のセミナー開催に前向きになり、自分のキャラクター設定などについて積極的になって行きました。
仕事内容にも生かされたようで、明確な意図を持って仕事に取り組むようになりました。
さんたさんのNLPを受講した事により今迄の、幾つかの自己啓発セミナーや仕事に関する学びが統合されていくと感じられる出来事が多くありました。

タロットセラピスト 吉岡美佐

私が前職時代、様々なことに苦しんでいたときに「ニュートラルベースNLP」に出会いました。 「プラクティショナーコース」の受講には、まとまった金額が必要ということもあり、最初は迷いましたが「特待生制度」の活用を薦められたことが、受講を決心するきっかけとなりました。
その後、NLPの学びの深さと素晴らしい学びの場に惹かれ「マスタープラクティショナーコース」まで受講しましたが、その受講中に、前職の中小企業を辞め、現在の一部上場企業に転職することができました。そして、転職後直ぐに昇進・昇給の機会に恵まれたので、早速、たまっていた受講料をお支払いしました!
「ニュートラルベースNLP」で学んだことから、自分の捉え方、相手の捉え方が変わり、仕事で困ることもなくなり、新しい職場に適応してゆく過程で体調を崩しそうになることもありましたが、状態管理の面でも整っていたので、大きな不調を起こすことなく過ごせました。「無意識の抵抗」と闘いながらも、本当に自分が望む姿へと変化していくことができる「ニュートラルベースNLP」は、他所のNLPとも異なり、本当に人を幸せにしてくれるものだと思います!

一部上場企業人事担当マネージャー&カウンセラー M.M

NLP、他数多くのセミナーを受講してきましたが、木下山多さんのNLP講座を敢えて一言で説明すると「NLPの本質がわかる洗練されたライブ」です。
なぜ私がそういう印象を持つかというと、このワークがなぜ機能するか?どの場面でこの理論を使うのか?等、NLPを実践で使えるように本質的な事を講座で説明して頂けることと、NLPは勿論、常に他の最新情報を学ばれており、その内容を盛り込むことでNLP講座の内容が日々進化しているからだと思います。
私は木下山多さんのNLP講座を受講して、他の参加者のレベルが高いという点や、場のつくり方や、受講者との関わり方において、 自分の研修トレーナーの仕事にも大変参考になりました。 自分のビジネスの目指す方向性や、今携わっている複数の活動の点と点が線でつながったと感じています。
その他、仕事以外に自分の内面の変化を挙げるなら、根本的な部分の自信につながったと思います。困難やトラブルは人生においていくつもあると思いますが、それらを乗り越えられるという自信がより生まれるようになりました。
NLPの受講費用の支払猶予の制度(=特待生制度)を利用して受講しました。即ちNLPを学び自己成長する為の時間をお金よりも先に投資したのですが、このことは正解だったと思います。自分が成長したことで、収入を増やす仕組みをより早く構築できました。時間的には受講可能にも関わらず、資金面で受講を躊躇されている方はこの制度の活用を検討されてはいかがでしょうか?
自分の内面に働きかけていく、心に焦点をあてていくNLPのような学びはこれからの時代益々有効だと思うのです。

自営業 個人のメンタル支援 牧野 敏章